大阪 堺市 歯科は香川新金岡歯科医院。大阪地下鉄 御堂筋線 新金岡駅すぐ。インプラント、審美歯科、矯正歯科、歯周病(歯槽膿漏)治療など
大阪府堺市北区 新金岡の歯科 香川新金岡歯科医院

歯間ブラシ

こんにちは。

香川新金岡歯科医院です。

 

前回のデンタルフロスもオススメですが、今回の歯間ブラシも

普段の歯みがきにオススメします!

 

歯間ブラシは、根元の虫歯を予防することができます。

 

歯茎が下がってくると歯の根元の部分が見えてきます。

この部分は象牙質といって歯の表面に出ているエナメル質より

3倍虫歯になりやすいところです。

歯間ブラシをすることによって歯と歯の間、

特に根元の部分の歯垢が取れるために虫歯予防に効果的です。

 

口臭をチェックすることができる。

歯間ブラシを歯と歯の間に通した後、臭いを嗅いでみてください。

自分で口臭のチェックができます。

歯と歯の間に溜まった歯垢は口臭の原因になります。

歯間ブラシをしないと歯垢は積み重なるように溜まり、発酵して口臭を発生させます。

 

 

デンタルフロスの方が良かったり、歯間ブラシの方が良かったり

好みもありますが、お口の中の状態によって

歯間ブラシの方がいい方もいます。

 

歯と歯の間の隙間が広い人

歯周病や加齢によって歯肉が下がってくると、歯と歯の間に隙間が開いてきます。

隙間が開けばそれだけ歯垢も付いてきます。

デンタルフロスで両サイドの根元から歯垢を掻き上げるより

歯間ブラシで両サイド一緒に磨いたほうが効果的に歯垢を取り除くことができます。

 

 

ブリッジが入っている人

ブリッジとは歯を抜いた後、前後の歯を使って歯を繋げる方法です。

歯は繋がっているために上からデンタルフロスは通すことができません。

そのため歯間ブラシで歯の根元を磨くことによって

ブリッジの下の部分を清掃することができます。

 

 

デンタルフロスが苦手な人

デンタルフロスは歯間ブラシより汚れの取り方にコツが入ります。

デンタルフロスを歯と歯の間に通してから根元に当て歯垢を掻き上げるようにします。

歯間ブラシは歯と歯の間に入れるだけで歯垢が取れるので比較的簡単です。

 

 

一回の歯みがきですべてするのには時間もかかり大変だと思います。

朝、昼、夜と分けて使用すると時間もかからずお手入れすることができます。