大阪 堺市 歯科は香川新金岡歯科医院。大阪地下鉄 御堂筋線 新金岡駅すぐ。インプラント、審美歯科、矯正歯科、歯周病(歯槽膿漏)治療など
大阪府堺市北区 新金岡の歯科 香川新金岡歯科医院

赤ちゃんの虫歯 感染

こんにちは。

香川新金岡歯科医院です。

 

虫歯の原因となるのが、ミュータンス菌というものです。

日本人の90%が感染していると言われているのですが、

生まれたばかりの赤ちゃんは菌を持っていません。

虫歯は細菌の感染によって引き起こされる感染症の一種です。

通常の感染症では、細菌はそう簡単には体内に侵入できないようですし、

体内に侵入できたとしても、ある程度まとまった数の細菌が存在しないと、

増えることができず、感染は成立しないのです。

ご自分の口の中だけは綺麗だと思っていませんか?

実際は歯垢1グラムあたり、なんと1,000億個以上の微生物が住んでいるのです。

体の中には約700種類もの細菌、真菌、等の微生物が住み着いています。

そして体を正常に保つためにも働いているのです。

しかし、中には悪さを起こすモノも居るようです。

それでは、その虫歯菌はどういった経緯で赤ちゃんに感染するのでしょうか。

感染の危険度が一番高いのは、保育者の口の中の微生物を直接に運んでしまう事です。

つまり、口で噛み砕いて柔らかくした物を与えたり、口移しであげることです。

これは、絶対に止めるようにしましょう。

ほとんどの場合は、母親など周囲の人から感染している考えられています。

なので、赤ちゃんに虫歯菌を感染させないようにするのが重要になっているのです。

細菌の中には酸を産生してくれて赤ちゃんに毒素の強い細菌たちが作用することを防いでくれているのです。

専門医によりますと、ミュータンス菌の母子感染は予防できると言うのです。

多くの口腔内細菌は常在菌であり、コレラやチフスのような

常在では無い外来のある単一の細菌ではなく、数百以上もの常在細菌の総称に過ぎないのです。

どうすればミュータンス菌を感染させないようにできるのでしょうか。

100%とは言えないのですが、ミュータンス菌を感染させないために親ができることは、

いくつか挙げられます。

虫歯や歯周病の発生は、完全ではないようですが、

口腔内の糖分の残留のコントロールさえできれば、細菌の駆逐をしなくても守れるのです。

虫歯は一度なってしまうと大変ですので歯磨きは乳歯がはえそろった頃から始めるようにしましょう。

歯ブラシは小さめの物で柔らかいものを選ぶようにしましょう。

始めての歯みがきは歯磨き剤は必要ありません。

歯みがきの練習程度で始めてみてください。