大阪 堺市 歯科は香川新金岡歯科医院。大阪地下鉄 御堂筋線 新金岡駅すぐ。インプラント、審美歯科、矯正歯科、歯周病(歯槽膿漏)治療など
大阪府堺市北区 新金岡の歯科 香川新金岡歯科医院

プラークを放っておくと、どうなるの?

こんにちは。

香川新金岡歯科医院です。

 

 

プラークを放っておくと、どんどん歯周ポケットが深くなります。

歯周ポケットが深くなると、プラークがたまりやすくなり、

さらに歯周ポケットが深くなってしまいます。

この悪循環を止めるには、プラークコントロールが必須です。

 

 

歯と接している部分の歯肉の細胞が、プラークの毒素によって破壊されると

歯と歯肉の間にすき間ができます。これがいわゆる歯周ポケットですが

そのすき間は歯肉が歯からペロンと剥がれてできたわけではなく

歯肉上皮細胞どうしが離れてできる亀裂なのです。

ですから、亀裂の断面から体内に細菌が侵入しないように

歯肉の細胞がどんどん歯の根元の方へと下がっていきます。

そしてその細胞がまたプラークにより破壊されると

さらに歯肉の細胞が根元の方へと下がっていきます。

このため、プラークを放っておくと、歯周ポケットが深くなっていくのです。

 

 

むし歯や歯周病は日頃のハブラシが大切なので

ハブラシの仕方が不安な方や自信がない方は

お気軽にご相談ください。