大阪 堺市 歯科は香川新金岡歯科医院。大阪地下鉄 御堂筋線 新金岡駅すぐ。インプラント、審美歯科、矯正歯科、歯周病(歯槽膿漏)治療など
大阪府堺市北区 新金岡の歯科 香川新金岡歯科医院

プラークとは?

こんにちは。

香川新金岡歯科医院です。

 

 

今回はプラークについてお話します。

 

歯肉の腫れはプラークの毒素が原因だと思われます。

プラークとは、歯の表面に見られる付着物のことで、以前から

「歯垢」「歯苔」とも呼ばれていました。しかし、その後の研究によって

プラークは歯の汚れや垢と言うよりも、細菌がパックされたもの

であることがわかりました。

つまりプラークは、むし歯や歯周病の原因となる最近の塊なのです。

 

プラークは細菌の塊と述べましたが、プラーク1㎎あたりには何と

10億個もの細菌が存在する言われています。

つまようじの先に見える程度のプラークを取ると、そこにはおそらく

数百億個の細菌がくっついていることになります。

 

プラークの話をする時によく出てくる言葉に「バイオフィルム」があります。

バイオフィルムはぬるぬるした基質と水のあるところに形成されます。

身近な例としては、台所の排水口に見られる「ぬめり」があげられます。

プラークとバイオフィルムにはちょっとした定義の違いがありますが、

「デンタルプラークは口腔内に形成されるバイオフィルム」とも言われています。

ですから、広い意味では、プラークもバイオフィルムも同じもの言えます。

 

 

 

お口の中の状態をきれいに保つためにも、定期的に検診、お掃除にいらしてください。